短編小説-PostScript

ご来場いただいた皆様へ

 

こんばんは、中の人です。

この度は、写真展『短編小説』にご来場いただきありがとうございます。

SNSでは、多くの方から「ハイレベルな写真展でした」という嬉しいコメントもあり、

出展者一同、達成感を感じることが出来ました。重ねてになりますがありがとうございます。

 

あとがきに何をかこうかなぁ・・・って

正直、迷ったのですが今だから話せる「メンバー選出」と「集客活動」について書きたいと思います。

 

まずは、「メンバー選出」についてです。

展示中、中の人への質問で一番多かったのは?「このメンバーをどのように選出をしたのですか?」という質問だったのですが、改めてお答えすると、「異なった作風の私が憧れるポートレートカメラマン。」です。正直、中の人の業務は地味に大変です。それでも、好きで最後までやってこられたのは、やっぱりメンバーのプリント写真を僕が一番見たかったからなんだろうなぁと思います。(つまり、ただのFAN)

 

次に、「集客活動」についてです。

集客活動については、主催者である以上、葛藤がありました。

当然、全体でイベントごと(モデルイベント・レセプション・ノベリティ etc)を行なえば集客がアップすることはわかっていたのですが、それでは、純粋に写真を楽しんでもらえないのではなかろうか?主催的には、あくまでも「出展者の作風」を楽しんでもらいたいんだよなぁ・・・。ということで、迷ったすえ特別なイベントは企画せず基本的な広告(DM、SNS、HP、雑誌)に限りました。

うまくはいえませんが、最近の流行は「カーニバル的な写真展」。僕が今回、目指したのは、少し古いかもしれないけど「ミュージアム的な写真展」。そんな感じです。でも、「雰囲気が良かったっ」て思った方もいたと思います。だから、まったく後悔はありません。

 

最後に全体を通して少しコメントします。

僕の個人的な意見ですが、写真展は作家であるカメラマンさんに全力で作品づくりをしてもらいたいと考えています。また、表現は制限(シバリ)をいれず、自由に表現をしてもらいたいと考えています。

(シバリを設けることでの「統一感のある美しい表現」を否定するわけではありません。)

 

ホント!短編小説のメンバーの作風は、個性が強かったと思います。

自由な表現を夫々が行なうとどうなっちゃうんだろう?と思ったこともありましたが、いざ展示すると「不思議な統一感。」があったと思います。きっと、写真展に対する気持ちは同じ方向であり、同じ強さだからこそ、そんな風に感じに見えたのではないかなって思っています。

 

ということで、だらだら文面を書きましたが、一度ペンをおきたいと思います。

最後に、自慢のカメラマンをもう一度紹介いたします。

 

・ビューティードラマの演出家       「IMPACT!」さん

・いじらしさと曲線の魔術師        「Tetsu」さん

・上海仕込のパワーフォトマスター    「週末撮影師太郎」さん

・アクリル大好きかえるさん         「川本和正」さん

 

 

本当にっ!企画してよかったなっ。

「短編小説2」たぶん!!やっちゃうかもよっ?(小声)

 

 

では、くどいようですが「ご来場いただいた皆様」、「短編小説に出演していただいたモデルの皆さん」ほんとうに!!ほんとうに!!ありがとうございました。

おしまい。

© 2018 Portrait-fan Project All rights reserved

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now